野村周平は留学で大人になったの?沼に沈んでかっこいい男になれ【テッパンいただきます】

野村周平は留学で大人になったの?沼に沈んでかっこいい男になれ【テッパンいただきます】
Pocket

1年間のニューヨーク留学から帰国した野村周平さんが10月6日(火)の【テッパンいただきます】に出演されるそうで・・・。

沼に沈んでる衝撃的なCMが流れてましたね。

わたしの中の彼のイメージは「ビッグマウスで自由奔放、やりたいことをやりたいようにやる」っていう感じで、しょっちゅうツイッターが炎上してたと思うのですが、留学から帰って来て彼は大人になったのでしょうか?

最近見かける野村周平さんの記事が「前とは違う」と書いてあることが多いようなので、どの辺がどんな風に成長したのか考察してみたいと思います。

大人になったら野村周平さんはきっと「本当に」かっこいいんじゃないかと思う。

個人的な期待も込めて「それってこういうこと?」と思う、新しい野村周平さん像を探ってみました。

 

野村周平は留学で大人になった?

まず、野村周平さんが語学留学に行った経緯についてわたしの意見を述べたいと思います。

野村周平さんは今年4月中に日本に帰国してきていたそうです。

留学が決まった時は、大麻で逮捕されたKAT-TUNの田口さんと仲が良かったことから、野村周平さん自身も大麻をやってたと疑われ「クスリ抜きだ、逃亡だ」とまで言われていました。

野村周平さんご自身の口からは『ダウンタウンDX』に出演した際、

野村周平さん
『東京2020オリンピック』を見据えて英語を勉強し、公式種目となるスケボーの仕事をゲットしたいから

と留学の理由を説明していましたね。(https://mdpr.jp/news/detail/1876029

でもわたしは、本当の理由はこの2つとも違っていたと思います。

 

野村周平の留学の本当の理由とは

まず「KAT-TUNの田口さんと仲が良かったから大麻を疑われる」という時点で、当時の野村周平さんは印象が良くなかったと思います。

それはプライベートに比較的寛大な事務所でさえも「ここらでしばらく雲隠れしろ」と言うしかないくらい、良くなかったんです。

芸能界は人気商売です。お客さんありきの「野村周平」なんです。

なのに「自分らしくしてるだけ。騒ぐほうに問題がある」と言ってしまっては、タレントとしてやっていけません。

若気の至りとはいえ、自覚がないまま突っ走って自滅してしまっては、事務所としても困るわけです。

「日本でだけモテてもダメだな、世界でモテたい」と豪語していた彼を、一旦ニューヨークへ放り込んでみよう。

「野村周平なんて誰も知らない」人種のるつぼと、個性がせめぎ合う街で過ごしてみれば、少しは世の中のことがわかるかもしれない。

事務所としては、そういう親心で語学留学に出したんじゃないでしょうか。

かにゃ
そういえばインタビューで、”居場所がなくなってたら自分でまた作ればいいや、と思ってた”って言ってたにゃ。

さすがに不敵だにゃ・・・頼もしいというか、若いにゃ。笑

 

で、野村周平は大人になったのか?

毎週火曜日の新ドラマ『DIVER 特殊潜入班』のインタビューで福士蒼汰さんと5年ぶりに共演した野村周平さん。

番組のインタビューで福士蒼汰さんが、帰国後の野村周平さんについて「大人しくなった」とコメントする場面がありました。

野村周平さんも「僕も、もう20代半ばなんで・・・落ち着きます」のようにコメントされています。

「落ち着く」の意味をどう考えているのかわかりませんが、とにかく前と同じじゃダメだということは理解しているようですね。

こちらの記事ではどうでしょう?

うん、あまり変わってないみたいですね。

たとえば、

野村周平さん
今のご時世、気にしなければいけないことが沢山あるから、それを考えるのはしんどいし疲れますね。

とか

野村周平さん
ネットやSNSで色んな事を書かれるじゃないですか。そんなこと自分はなるべく気にしないようにしてるけど、気にする人の方が多いだろうし、関係者もそういう意見に敏感になっているから、もうそういうのは色々辛いですよね。

とかね。

確かにいろんな人がいろんなことを書くだろうけど、中には「その通り」だっていうことが書かれてる場合もあるでしょう・・・どれを無視して、どれを受け止めるべきかの判断が、彼にはまだついてないんだろうと思います。

それに、一般大衆から受ける批判を「どんなものでもとにかく一旦丸ごと受け留める」、「誤解を受けないように気を配る」というのがプロなんじゃないかな?

彼はまだまだお子ちゃまなんだと思います。

ただ、このインタビュー見ると、野村周平さんは根は良い子のようですね。

無邪気なだけ、自分のことしか見えてないだけ、だと思います。

なので、そのうち周りの人の気持ち、ファンの気持ち、一般的な常識などにも気を配れるように、なっていくのではないでしょうか。

25~26歳くらいじゃ、(理解できなくても)仕方ないと思います。

 

野村周平・沼に沈んでかっこいい男になれ【テッパンいただきます】

とはいえ、多くのファンが野村周平さんのかっこいい活躍を見たがっています。

今度の【テッパンいただきます】では「世間からズレてる&ダサい男は沼に沈む」という新企画に出演するそうで、これは楽しみですね!

野村周平さんもあと10年くらいしたらわかってくるんじゃないかと思うのですが、

「自信満々で他人の意見を受け入れない男」というのは、男性から見るとかっこいいかもしれないですが、女性から見ると全く薄っぺらくて尊敬できないんですよ。

色気がない、愛せないって感じかな。

ーあ、今思い出したけど、今の野村周平さんはディズニーアニメの『美女と野獣』に出てきた「ガストン」みたいなキャラになってると思います。ー

だからこの際、【テッパンいただきます】では

共演者の大人な男性諸氏と一緒に、沼に沈むが宜し!

・・・だってそれこそが大人の男性の魅力だと思うので。

「あ、これって違うんだ?」って気づいた瞬間の男の人って、すごく好感持てるんです。

みんな、そういう野村周平さんを見たいんじゃないでしょうか。

 

まとめ

1年留学したくらいじゃ、本当は何もわからないと思うけど、野村周平という人物を誰も知らないニューヨークへ行ってみたのは、彼には良かったと思います。

インタビュー記事の中に「白人の女の子にはモテなかった」という一言があったのが唯一、良かったかな。

世界のスタンダードにうっすら気づくきっかけにはなったんじゃないでしょうか。

10月6日(火)の【テッパンいただきます】では、「人とズレてる&ダサい男」は沼に沈むコーナーがあるそうなので、楽しみですね。

人からの批判や反対意見に耳を傾けられてこそ、大人の魅力なので。

野村周平さんは基本的にやんちゃでお子ちゃまなだけで根は良い子のようなので、ぜひ「沼に沈んでかっこいい男に」なって欲しいです。

がんばれ~!