映画『博士と狂人』の口コミ感想を紹介!海外の反応・評価評判も

映画『博士と狂人』の口コミ感想を紹介!海外の反応・評価評判も
Pocket

メル・ギブソンとショーン・ペンのダブル主演となった映画『博士と狂人』が2020年10月18日(金)から公開されます。

わたしにとってメル・ギブソンのイメージは『パトリオット』や『身代金』、『サイン』などの子供たちを守るために全力をかける「かっこいいお父さん」。

『ハート・オブ・ウーマン』の、女性の気持ちが全部わかってしまう魔法にかかって右往左往するメルも素敵だったな。

しかし最近は「ハリウッドの問題児」なんて異名をとるなど、かつてのメル像が崩れ去るようなニュースも見聞きして、すこしがっかりしていたんです。

それがここに来て今回は、感動のヒューマンドラマを制作したとのことで、とても楽しみにしていました。

世界最高の辞書とされる『オックスフォード・英語大辞典』の誕生秘話が描かれた作品です。

OEDと呼ばれるこの辞書は、英語学習者必携の書といわれており、私自身も愛用していて親近感もあります。

わたしの場合はいずれにしても映画は観るのですが、まずは試写会に参加された方の口コミと感想をチェック。

アメリカで鑑賞された方の評価評判も気になり、海外の反応としてまとめました。

この映画を観るかどうしようか迷われている方の参考にしていただけると嬉しいです。

 

映画『博士と狂人』の口コミ感想を紹介!

『博士と狂人』は、メル・ギブソンが20年以上も温め、構想を練ってきた映画だそうです。

全米で大反響を得た作品だそうですが、意外にも公開されるのは今回、米国と日本だけ。

日本での反応を見て他国に広げようという作戦でしょうか?

上映館が全国で10館だけ、というのも「テスト的な」意味合いがあってのことかな、とも思いました。

内容的に対象が絞られるのかな、それにしてももう少し広く公開して欲しいけど。

作品概要

作品名:博士と狂人(The Professor and the Madman)

制作年:2018年

公開年:2019年/アメリカ合衆国、2020年/日本

監督:ファラド・サフィニア(P.B. シェムラン名義)

原作:『博士と狂人 – 世界最高の辞書OED誕生秘話』by サイモン・ウィンチェスター

主演:メル・ギブソン/ショーン・ペン

興行収入:6億5,269万1816円(2020年10月現在)

では、日本での試写会に参加された皆さんがどんな感想を持っているのか、口コミを見てみましょう!

 

日本での試写会に参加された方の感想・口コミ

JUNICHIII
メル・ギブソンの情熱が詰まったような作品。
辞書編纂の苦労が描かれたシーンは観ているこちらにも同じ苦しみを感じさせるような描写だった。
探しても探しても言葉が見つからない、果てしなく続く作業。
実際にはここで描かれた以上に気の遠くなる苦労があったろう。
お気楽に観られる娯楽作ではないが、非常に見応えのある素晴らしい映画だった。
辞書の編纂というストーリーなので題材は地味。
しかしメル・ギブソンとショーン・ペンという二人の名優が演じるだけあって全く飽きません。マレー博士の語彙に対する膨大な知識量と情熱には圧倒されます。
そして戦後の後遺症から統合失調症を発症したと思われる元軍医を演じたショーン・ペンは、改めて素晴らしかった!

 

大学の恩師が辞書の編纂をしていた方だったので、いかに大変な作業か話には聞いていましたが、映像でその様子を見ると、想像を絶するものがあると思いました。
メル・ギブソンよりショーン・ペンのほうが役柄としては特徴が強いけど、この二人ならどっちがどっちの役をやってもはまったと思う。
ところどころ、ちょっとタイミング良すぎないか?と思う展開があったのは確か。
ショーン・ペンの狂気の表情が素晴らしかった。
戦後のPTSDから統合失調症を発症し、人を殺めてしまったマイナー。
治療にあたった医師もまるで人体実験をしているかのような印象で、当時の時代の闇を感じた。看守?のマンシーを演じたエディ・マーサンがとても良かった。
メル・ギブソンとショーン・ペン、どちらも圧巻の演技力。
二人の知性あふれる言葉遊びが印象的でした。
しかしあのOEDがボランティアの協力によって作られていたとは・・・今まで知らずにいたとはいえ裏側にこれだけ重厚な物語が隠されていたとは驚きです。
教養としても観ておくべき作品だと思います。
1800年代後半の時代考証が丁寧で、オックスフォードの権威主義やら階級主義、使えるものは何でも使う合理主義など、いかにもイギリスらしい当時の風潮が描かれていてよかった。
境遇の全く違う二人が言葉によって垣根を超え、心を通わせ絆を育むことができたことを考えると、言葉の力は偉大だ。
刑務官マンシーを演じたエディ・マーサンと未亡人役のナタリー・ドーマーが素晴らしかった。
怖い描写が結構あるので、グロいのが苦手な人はちょっと注意が必要だけど、ストーリーとしては非常に重厚で観るべき一本。
メインとなるのは、PTSDで人を殺めてしまった元エリート軍医のマイナー氏が語彙の力によって再生していく物語のほうなのかな。
マイナーの発砲で夫に先立たれたメレット婦人と子供たちが、マイナーから読み書きを教わることで世界が広がり、マイナーに愛情を抱くまでに変化したのは感動した。
原作も読みたいと思いました。

メル・ギブソンとショーン・ペンの演技力については皆さん、文句なしに感動されたようです。

刑務所の看守役のエディ・マーサンと、ショーン・ペン演じる狂人マイナー氏のせいで未亡人となったイライザ・メレット婦人を演じたナタリー・ドーマーも素晴らしかったようですね。

 

映画『博士と狂人』海外の反応・評価評判は?

映画『博士と狂人』は2019年すでに全米で公開されています。

現地での評価・評判はどのようなものだったのでしょうか?!

わたしは個人的にメル・ギブソンもショーン・ペンも大好きなので、映画評論家の手厳しい評価ばかりを集めたくはありません。

かといって無視するわけにもいかない・・・ということで、公平に両方集めました。

評論家サイドの評判は『ロッテントマト』から、

一般の観客の生の声はYoutubeやブログのコメントから拾っています。

どちらも見てから作品を観るかどうか決めてもいいですしね。

 

海外の反応1:映画評論サイト『ロッテン・トマト』での評価・評判は?

アメリカの映画評論サイト『ロッテン・トマト』は、しっかりとした実績を持つ映画評論家の批評と、一般の観客の投票を公平に数値化しているサイトです。

世界一公正な映画批評サイトだともいわれています。

ただしロッテントマトは、批評するためにあるサイトという点で、特に映画評論家からの点数は辛いです。

でもプロ目線の手厳しい批評も、一般の映画ファンの率直な感想も、両方知ることで作品の実像が見えるところもありますよね。

なのでご紹介します。

ロッテン・トマトでの『博士と狂人』のスコアは、このようになっています:

出展:Rotten Tomatos

どういうことかというと、

左のトマトメーター(TOMATOMETER)が映画評論家がつけたスコア、

右のオーディエンス・スコア(AUDIENCE SCORE)が一般の観客がつけたスコアです。

トマトメーターは評論家の意見の60%以上が好評価だと合格点として「新鮮なトマト」マークをもらえます。

この場合、

TOMATOMETER:41%(TOTAL COUNT 29)
合計29票のうち好評価が41%⇒ROTTEN(腐ってる)

AUDIENCE SCORE:78%(USER RATINGS 368)
投票した観客368名のうち78%が好評価をつけた⇒FRESH(新鮮)

となっています。

さらに詳細を見てみると:

出展:ROTTENTOMATOES

左のトマトメーターでは:

29人の映画評論家が『博士と狂人』を評論し、12人が好評価(Fresh=新鮮)をつけた反面、それを上回る17人がマイナス評価(Rotten=腐ってる)をつけました。

よって専門家からの評価によると『博士と狂人』は評価が低い作品だった、ということになります。

いっぽう右のオーディエンス・スコアでは:

368人の観客が投票し、その78%が5点満点中3.5以上の好評価をつけました。

観客全体がつけたスコアの平均は3.92だったので、かなり評判が良かったということになります。

ここまで見ると映画『博士と狂人』は、専門家と一般のお客さんの間で評価が分かれた作品だと言えるのがわかりますね。

 

『博士と狂人』映画評論家の意見とは

具体的に、映画評論家たちは何とコメントしているのでしょうか?

いくつかご紹介します。

ニューデイリー紙
メル・ギブソンと共演者たちの言葉のやりとりは、実にぎこちなくまどろっこしかった。
言語の持つ絹のような、繊細な美しさを表現したかったんだろうけど、あれじゃまるで喉で固まっちまった鉛をやっと口から吐き出すような感じだったよ。
トップ評論家(バラエティ誌)
メル・ギブソンは良かったよ、あとは全部ダメだけど
トップ批評家(ザ・ラップ誌)
サイモン・ウィンチェスターの原作はベストセラーだったね、でもなんであの本に描かれていた出来事の要点や深遠な洞察を、こんな高校生のB-レポートみたいな映画で確認しなきゃならないんだ?
スクリーンワイズ誌
あれだけ長い間、クリエイティブな面でも法的な面でも論争が続いて、ようやくできた作品だからね・・・
確かにとっ散らかってるし凝り過ぎてる感じもするけど、OEDの誕生秘話としてはこの映画はやっぱり魅力的だよ、なにしろ原作が良かったからね。

 

海外の反応2:米国での観客の評価評判を生の声から紹介

面白い映画だったことは間違いないね。
ひとつ納得が行かなかったのは、どんな映画にも出てくるお決まりの悪役だ。
今回はマレー博士たちのプロジェクトを邪魔しに入る奴がいるんだけど、自分も同じ言語学の世界にいながら、こんな尊い研究を潰しにかかろうとする意図が全くわからない。
僕だったら協力して一緒に日の目を見たいと絶対思うと思うから、その点が共感できなくてずっと引っかかった。
ここ十数年もスーパーヒーローものばかり観てたから、『博士と狂人』はすごく新鮮。しかも主演がメル・ギブソンとショーン・ペンだったからそれだけでも見入ってしまった。
ちなみに彼のスコットランド訛りは、スコットランドで生まれたわたしよりネイティブだったわ。
メル・ギブソンがスクリーンに戻って来て本当に嬉しい。
彼は偉大な俳優だよね、スコットランド訛りはへたくそだったけど。

ちなみにメル・ギブソンのスコットランド訛りについては評価が分かれていました。
日本語でも方言は難しくて「あの人の東北弁は上手い」とか「下手だ」とか言いますものね。

どこの国でも一緒ですね~。

話のポイントは情報としてわかったし面白くもあったけど、エンターテインメントとしてはどうなのかな?ちょっと退屈だった。
ストーリーが「狂人」と「博士」の間を行ったり来たりしてつなぎがスムーズでない気がするし、二人の関係性がそこまで密になる過程がよくわからなかった。
この映画はもっと高く評価されるべきだよ。
事前のプロモーションも足りなかったし、不当に低い評価がつけられてる。
ショーン・ペンはあんなに素晴らしかったのに!
彼は年を経るごとに良くなっていくね!
素晴らしい映画だった。
特に主役の3人が本当に良かった。
始まってすぐに引き込まれて、夢中になって観た。
わたしは本も言葉も大好きだから、このOED誕生秘話が映画になってくれたのは嬉しい。
繰り返し観る1本になると思う。
メル・ギブソンとショーン・ペンの演技力が素晴らしかった。
子どもの頃、必読本みたいに与えられて原作を読んだけど、あの頃自分が思ったよりずっと多くの意味があったんだと映画を観てわかった。
美しい映画だった。
映像も音楽も素晴らしかったし、演技は言うに及ばず。
オスカー取ってもおかしくない作品だと思う。
トップ批評家の意見が理解できないよ、どういうのが「ロッテン(腐ったトマト)」なのか本当にわかってるのかな・・・

ここまで、賛否両論の海外の反応をご紹介しました。

なんとなく、「とっ散らかってる」とか「つなぎがスムーズでない」という感想が出る辺りが、原作の内容を全部盛り込むのに相当苦労したのかなという推測にはつながりますね。

でもメル・ギブソンとショーン・ペンは良かったらしいです。

日本の観客の皆さんからは看守のマンシーを演じた俳優エディ・マーサンにも注目が集まっていたようですね。

 

まとめ


映画『博士と狂人』は、メル・ギブソンが20年以上も構想を練ってきた渾身の一作だそうです。

試写会に参加された方たちの口コミ感想によると、メル・ギブソンとショーン・ペンのふたりについては圧巻の演技力だったようですね。

海外の評価・評判は、アメリカの映画批評サイトのロッテントマトから、専門家の意見とスコア、観客のスコアをご紹介しました。

アメリカの方たちの一般的な映画ファンとしての感想は、ロッテントマトのコメントやYoutube、ブログなどから生の声を拾っています。

『博士と狂人』は専門家と一般客の間で評価が分かれる作品でしたが、どちらの意見も参考にして、本編に足を運ぶかどうか、決めてくださいね♪