メイズランナー3ニュートからの手紙の内容・全文を紹介!俳優のプロフィールも

Pocket

映画『メイズランナー』シリーズを観ました。

1作目のワクワク感から、巨大なプロジェクトの全貌が明らかになる2作目、3作目では強力なウイルスに免疫のある少年少女たちを執拗に追ってくるWCKDとの最終対決と、一連の流れでイッキ見してしまいました。

面白かった・・・

『メイズランナー 最後の迷宮』(3作目)をまだ観てない人は、一番最初から変わらずトーマスの見方だったニュートがトーマスに手紙を書くとだけ聞いて内容が気になっているかもしれません。

今回はそんなあなたのために、ニュートの手紙の内容を全文でご紹介します。

 

メイズランナー3ニュートからの手紙の内容・全文を紹介

親友とも呼べる力強いサポーターだったニュート。

彼がトーマスに宛てて書いた手紙とはどのような内容だったのでしょうか。

原文を先に、字幕スーパーとしてついている訳語を後に載せました。

どうぞ!↓

ニュートからの手紙 全文(英文→訳語)

Dear Thomas,
this is the first letter I could remember writing. Obviously, I don’t know if I wrote any before the Maze. But even if it’s not my first, it’s likely to be my last.
I want you to know that I’m not scared. Well, not of dying, anyway. It’s more forgetting. It’s losing myself to this virus, that’s what scares me.
So every night, I’ve been saying their names out loud. Alby. Winston. Chuck. And I just repeat them over and over like a prayer, and it – And it all comes flooding back. Just the little things like where the sun used to hit the Glade at that perfect moment right before it slipped beneath the walls. And I remember the taste of Frypan’s stew. I never thought I’d miss that stuff so much.
And I remember you. From the first time you came up in the box, just a scared little Greenie who couldn’t even remember his own name. But from that moment you ran into the Maze, I knew I would follow you anywhere. And I have. We all have. If I could do it all over again, I would. And I wouldn’t change a thing. My hope for you: when you’re looking back years from now, you’ll be able to say the same. The future is in your hands now, Tommy. I know you’ll find a way to do what’s right. You always have. Take care of everyone for me. And take care of yourself. You deserve to be happy. Thank you for being my friend. Goodbye, mate. Newt.

引用:https://www.imdb.com/title/tt4500922/characters/nm1032473

トーマスへ

手紙を書くのは初めてだ
迷路の前の記憶はないけど、初めてじゃなくても最後になるだろう
僕は怖くない、死んでゆくことは
怖いのは、ウイルスで我を忘れることだ
毎晩 名前を呼ぶ
アルビー ウインストン チャック
祈りのように何度も繰り返すと
記憶があふれてくる
あの地(グレート)に降り注ぐ太陽が壁に姿を消す瞬間や
フライパンのシチューの味がこんなにも懐かしいとは

君を思い出す
ボックスから初めて出てきた日
自分の名前も知らずおびえてた
迷路に突進する君を見て、ついていこうと思った

ついていった
皆 ついていった
もう一度できるなら
同じことをするだろう
君が何年か後に今までを振り返るときも
同じことを言うはず
未来は君次第だ
正しいことをするだろう
今までのように

皆をよろしく
君も元気で
幸せになってくれ
友達でいてくれてありがとう
さよなら

ニュート

 

ニュート役・トーマス・ブロディ=サングスターのプロフィール

出展:https://www.anemo.co.jp/movienews/newmovie/mazerunner-7-20180526/

ニュートを演じたのはトーマス・ブロディ=サングスターさん。

いろんなカップルの恋模様を描いたクリスマス映画『ラブ・アクチュアリー』(2003年)でリーアム・ニーソンの義息子・サムを演じていましたね。

当時からめちゃめちゃ可愛かったですが、すっかりハンサムな大人になられて・・・頼もしい限りです。

どんな経歴の俳優さんなのか、プロフィールをご紹介します。

トーマス・ブロディ=サングスター プロフィール
本名:トーマス・ブロディ=サングスター(Thomas Brodie-Sangster)
生年月日:1990年5月16日(30歳)
出生地 :イギリス、ロンドン
国籍:イギリス
職業 俳優
活動期間 2001年 –

主な出演作:
2003年 ラブ・アクチュアリー
2013~2014年 ゲーム・オブ・スローンズ
2014年 メイズ・ランナー
2015年 メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮
2018年 メイズ・ランナー3:最後の迷宮

『ラブ・アクチュアリー』は映画初出演作だったんですね・・・当時、13歳。

童顔なだけに10歳か11歳かな、と思ってたけど。

現在30歳というのも、もっと若く見えちゃうから意外なんですけどね。

ちなみに、ヒュー・グラントの親戚だそうで、これまたびっくり。

ヒュー・グラントのお祖母さんとトーマス・ブロディさんのひいお祖母さんが従妹同士なんですと。ややこしいね・・・ご自身の血縁関係に当てはめて解釈してみてください。

 

まとめ

今回は、『メイズランナー3 最後の迷宮』でニュートが親友トーマスに宛てて書いた手紙の手紙の内容を全文でご紹介しました。

まだ『メイズランナー3』を観ていない方にはネタバレになりかねない内容かなぁとちょっと心配にもなりますが、なにゆえニュートがトーマスに手紙を書かなきゃいけない状況になったか、というところ以外は、ひとえにニュートのトーマスへの友情と信頼を綴った手紙と読むことができるので、まぁ問題ないのでは。

本編を観ないと、どうしてこういう手紙に行きついたのかはわかりません。

『メイズランナー3』のニュートはちなみに、めちゃめちゃカッコ良かったですよ。

観れば意味がわかると思いますので、是非。